Bookmark this on Google Bookmarks

Home » 意匠・デザイン – case1

意匠・デザイン – case1解決バンク

他社のデザインを参考に商品を開発したら、意匠権侵害になるのか

 

同業他社が販売しているドーナツ型の赤ちゃん枕を参考に、これに耳目をつけて、熊の顔の形の枕作りたいと考えています。これを売り出して意匠権侵害のクレームをつけられる恐れはないでしょうか?

 

【不正競争防止法】

製品デザインは、意匠登録を受けていれば、意匠法によって保護されます。しかし、意匠登録を受けるまでには、出願から早くて2、3年はかかるため、商品ライフサイクルの短いものについては、意匠登録を受けたころには既にその意味がなくなっていることがあります。そこで、平成5年の不正競争防止法の改正により、発売された日から3年を経過していない商品については、その形態を模倣した商品を販売するなどすることが禁じられました。従来、製品デザインは、意匠登録を受けているか、周知性がない限りは保護されていなかったのですが、先行者にとっては、商品化するためには資金や労力の投下が必要であるにもかかわらず、模倣者は商品化のためのコストやリスクを大幅に軽減することができるため、先行者の市場先行のメリットが減少し、模倣者と先行老との間で競争上著しい不公正が生じることからこのような規制がもうけられたのです。

 

【意匠権侵害のクレームのおそれ】

同業他社が、ドーナツ型赤ちゃん枕について既に意匠登録を受けていれば、貴社がそれに類似したデザインの商品を作った場合、販売差止めや損害賠償請求といったクレームをつけられるおそれがあります。同業他社が意匠登録を受けていれば、通常その商品や広告にその旨表示されています。ところで、貴社の商品が同業他社の登録意匠に類似しているか杏かについては、判断が難しい場合が多々あります。すなわち、似ているようでも、従来から存在するデザイン部分を捨象すれば似ていなかったりすることがあります。類似の有無を判断する場合、比較の対象(要部)によって、結論が違うことがあるのです。

 

【不正競争防止法に基づくクレームのおそれ】

匠登録を受けていない場合でも、平成5年の不正競争防止法の改正により、発売された日から3年未満の商品については、その形態を模倣した商品を販売するなどすると、販売差止めや損害賠償請求といったクレームの対象となります。
ここで「模倣」とは、意図的に商品形態を盗用して、これと客観的に同一または実質的に同一なものを作り出すこと、すなわち、いわゆるデッドコピーをいいます。単に似ているといった程度では「模倣」には当たりませんが、「模倣」に当たるかどうかの判断は商品分野によって異なります。なお、発売日から3年を経過した場合であっても、枕のデザインが同業他社の商品表示として広く認識されている場合には、不正競争防止法で保護され、これと類似した商品を販売するなどすると、やはり販売差止めや損害賠償請求といったクレームの対象となります。もっとも、同種の商品が通常有する形態の模倣は、不正競争防止法では保護されません。すなわち、同種の商品問でその商品に何の個性も与えないような形態については、その形態をまねてもクレームをつけられるおそれはありません。また、同種の商品が機能上当然必要とする形態についても、不正競争防止法では保護されないと考えられますが、この点について判例上は流動的です。

 

Sponsored by

Copyright(c) 2012 解決バンク All Rights Reserved.