Bookmark this on Google Bookmarks

Home » 解決バンク事務局コラム » 他人の評価、素敵な評価

他人の評価、素敵な評価解決バンク



 

敬愛する女性からメールをいただきまして、その中に、

「前の会社の社長に、『あなたは品行方正なのに壊れてますね』 と素敵な評価をいただいたことがあります」

と書いてありました。

「素敵な評価」 との感想を含め、これはなかなかカッコイイです。

そして、「はたして私はどう思われているのかな?」 と考えました。

しばしばお会いする方なら、その方の思うままで何の問題もありませんが、ブログやメルマガ経由の面識のない方だと、ちょっと気になります。

今日も遠方のご婦人から、「三洞だよりを楽しみにしております」 とのメールをいただき、とっても嬉しかったので、余計に気になるところです。

そもそも友人たちの印象も様々で、大学~サラリーマン時代は、「超短気なケンカ早い毒舌家」 と思われていたようですが、起業以降は、「三洞さんでも怒る時ってあるんですか?」 と言われるようになりました。

根は変わっていないのですが、丸くなったり尖ったりする部分が年々移動しているのでしょう。

ブログなんかだと、たまたま読んだ日記の印象が残るのでしょうから、「穏やかな人」 と思っている方もいれば、「過激」 と思っている方も居るのだろうな~と思います。

何しろ、私の書作品の印象から、「ずっと女性だと思っていました」 とのメールをいただいたこともあるくらいですから。

 

その方からのメールにはこんな一文も。

「かつて,お付き合いしていた人から、『おまえはロックンローラー過ぎて付いて行けない』 という名言を頂いたことがあります。普通逆じゃないか?と思いましたが、まあ仕方ないか、と思うことにしました」

これを読んで、ワールドカップの中継で、観戦していたミックジャガーが映った時のことを思い出しました。

我々の世代にとってのロックヒーローたちが次々とあの世に旅立ってしまう中、一世代前のミックジャガーとキースリチャーズは、無茶のしすぎ&不健康の塊のような印象を与えつつ、いたって元気そうにサッカー観戦などしつつ、しっかりと現役で活躍しています。

だから、ミックとキースのナメシ革のような顔の皮膚は、太陽の下でたっぷりと運動して来た結果ではないかといつも思うのです。

そしてキースがライブ中にラッパ飲みしていたジャックダニエルの壜の中身は、実はウーロン茶なのではないかと疑っているのです。

無頼はあくまで商品イメージで、実態はものすごく健康的な暮らしをしているのではないか……と。

もしそうだとすれば、自分では品行方正だと思っている私ですが、仕事中に平気で酒を飲んじゃうことを考えると、私の方がはるかにロックンローラーではないか! とも思えてしまいます。

そして事実、現在の私はロックンローラーでもあります。

ロックンローラーであり、書家であり、ファイナンシャルプランナーであり、マーケティングプランナーであり、セミナー講師であり、文筆家である私は、夕方になると飲み屋のオヤジに変身するのです。

まあ、色々な顔があるので、印象も評価も色々であった方が嬉しいし、素敵だろうな……と思っております。

ということで、これからコンサルティング作業をサッとやって、その後、「起業の教科書」 の仕上げの作業に掛かろうと思います。


Sponsored by

Copyright(c) 2010 解決バンク All Rights Reserved.