Bookmark this on Google Bookmarks

Home » 生損保セールス支援 » プレゼンテーション台本作成のポイント(2)

プレゼンテーション台本作成のポイント(2)解決バンク

解決バンクメンバーの 五十田三洞さんによる、「プレゼンテーション台本作成のポイント」

 

台本をつくるポイントの3つ目は、、「説明しないこと」
よく勘違いしている方がいますが、プレゼンテーションは商品の説明はまったく異なるものです。
説明でモノが売れるのであれば、カタログを渡しておけばいいのです。
でもそれではモノは売れません。
だからこそセールスマンが必要になるのです。

4つ目は、契約までの流れを滞りなく作ること。
プレゼンテーションは、終了直後に契約になるために行うものです。
目隠しをした人の手を引いて、「契約」という目的地まで連れて行く流れが見事にできていなければなりません。

5つ目は、専門用語は使わない
自分の業界では当たり前の言葉でも、お客さまにとっては、初めて聞く言葉かもしれません。
専門用語は使わず、わかりやすい言葉で話すこと。

6つめは…
それはまた、次の記事で。


Sponsored by

Copyright(c) 2009 解決バンク All Rights Reserved.