Bookmark this on Google Bookmarks

Home » ビジネススキル » ビジネストークに相手が納得しない場合

ビジネストークに相手が納得しない場合解決バンク

事務局いわさです。

誰かと話をしていて、その人が納得しなかった場面、
というのはよくあると思います。

例えば、顧客にプレゼンしていて怪訝な顔をされた時、
面接で自己PRをして不思議そうな顔をされた時、など。

相手の話に納得しない場合の人の反応は2種類しか
ないそうです。

「本当にそうなの?」

「それだけなの?」

自分の営業トークで、相手が退屈そうな顔をしたら、
この2つのどちらか(もしくは両方)の気持ちなんですね。

大切なのは、「話が納得できる内容かどうかを決めるのは
あくまで話をしている相手側」
だということ。

自分なりにいくら説明したつもりでも、
それを相手が理解していなければ、
上手なビジネストークとはいえません。

自分を基準にした思い込みをしないように
気をつけないといけませんねー。


Sponsored by

Copyright(c) 2009 解決バンク All Rights Reserved.